ヒプノセラピーについて

サイドメニュー

お知らせとご挨拶

HP上旧姓(向井・松本)を記載しておりましたが、師より名前をいただきましたので変更させていただきます。
これからは"天真結"でご対応させていただきますので、今後ともよろしくお願い致します!

最新更新情報

2011年7月19日
セッションのメニュー」を更新しました。
2010年6月24日
ヒプノセラピーの「体験談」に「Tさんの場合」を更新しました。
2010年5月26日
体験談」に「レイキヒーリング」と「レイキセミナー」を追加しました。興味をお持ちの方は、ぜひ参考にされてください。
2010年5月26日
ほっと一息」を更新。書籍「あなたを開運してくれるこの占い師・ヒーラー・カウンセラー・気功師ベスト59人」で紹介されました!

日本メンタルヘルス研究所
日本ヒプノセラピー協会「ひぷの倶楽部」

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

催眠と脳波の関係について

では生理面から見た催眠の状態をみてみましょう!

脳波パターン

『ベータ波』
日常の一般的な活動時。
『アルファ波』
リラックス状態。または意識が驚くほど集中している状態。
『シータ波』
深い催眠に入っている状態。または浅い睡眠(夢を見やすい状態)。
『デルタ波』
最も深い催眠状態。熟睡状態(夢を見ることのない状態)。

まず、催眠を誘導し始めた段階では主にベータ波が見られ、しだいにリラックスしてくるとアルファ波が現れてきます。アルファ波が“心と身体にとても良い影響をもたらす”という話を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか?催眠がさらに深化してリラックスした状態になると、シータ波・デルタ波に変化し、『アルファ波』から『デルタ波』に向かっていくほど、催眠状態は深いものとなっていきます。

催眠中の脳波は暗示や内容によって変化することからみても、催眠時と睡眠時とは明らかに異なることがわかります。

ウィニフレッド・ブレイク・ルーカス博士(UCLA教授 心理学部理事)は、脳波探知機を使用し、退行している時は3つの脳波パターンを行き来し、最も多くのことを思い出すのは『デルタ波』を示した時であることを発見。人口の3割の人たちはあっという間に、深い催眠に入るという統計も導き出しました。

このページのトップへ ▲